温かくなってくると、ママたちが気になり始めるのが紫外線。「シミやシワの原因になる!」と、UV対策を始める人も多いのではないでしょうか。では、赤ちゃんはどうですか?
小さな子どもが紫外線を浴びるのは、肌に悪影響はないでしょうか。
いいえ、そんなことはありません!赤ちゃんにも紫外線対策は必要です。
そこで今回はママに知っておいてもらいたい、紫外線が赤ちゃんの肌に与える影響と、おすすめの紫外線対策グッズについてご紹介します。

紫外線が赤ちゃんのお肌に与える影響

紫外線には、ビタミンDを合成して骨を作るはたらきがあるため、多少であれば体に必要なものであると言えます。しかし同時に、多くの有害作用も持っているので、浴びすぎには注意しなくてはいけません。

赤ちゃんの肌は大人よりデリケート!

赤ちゃんの肌は美しく見えますが、大人よりはるかに薄くて繊細で、外部刺激を受けやすくなっています。当然、紫外線の刺激もより強く受けてしまうことになります。

強い紫外線は肌荒れの原因に

紫外線を浴びると日焼けをします。通常は赤くなったり黒くなったりして次第におさまりますが、刺激が強いとやけどのように炎症を起こすこともあります。また、わずかな日光に当たっただけで湿疹や蕁麻疹が出てしまう体質の人もいます。さらに、紫外線は肌を乾燥させるなど、肌荒れの原因になります。

紫外線は蓄積する!

紫外線によるダメージは、肌の中に少しずつ蓄積されていきます。それが、将来のシミやシワになったり、最悪の場合、皮膚がんなどの病気につながったりすることもあります。赤ちゃんのうちからしっかり紫外線対策を行っておくことが、将来の子どもの肌を守るのです。

おすすめの紫外線対策グッズ

お出かけの際は、さまざまなUVカットアイテムを駆使して、紫外線から赤ちゃんの肌を守りましょう。お出かけは、紫外線が強くなるお昼前後をできるだけ避けて、強い日光の下に赤ちゃんを長時間いさせることのないよう注意しましょう。

帽子・ケープ

屋外に出るときは、帽子を忘れないようにしましょう。帽子は頭の大きさにフィットする、ややツバが大きめのものがおすすめです。あごヒモがついているものなら、風が強い日も飛ばされる心配がありません。
生後間もない赤ちゃんの場合は、ケープなどでも良いでしょう。

日よけ(ベビーカーシェード)

ベビーカーで出かける際は、日よけ(ベビーカーシェード)をつけてあげてください。ベビーカーをすっぽり覆えるものであれば、赤ちゃんが眠ってしまったときのカーテンにもなります。

UVカットアウター・ラッシュガード

袖が長い、UVカット効果のある生地でできたカーディガンやパーカーなどもおすすめです。子どもは長い袖を嫌がるかもしれませんが、最近は着た感触がひやっとするものも出ていますので、暑い中でも比較的快適に着られるでしょう。
水遊びやリゾートの際には、ラッシュガードを用意しましょう。直接紫外線を浴びるのを防いでくれるだけでなく、水で体が冷えてしまったときの保温効果も期待できます。

日焼けどめ

衣服や日よけなどで覆っても、顔や手先、首などはどうしても直接日光が当たってしまいます。そうした箇所には、赤ちゃんでも日焼けどめを塗ってあげてください。
ただし、赤ちゃんの肌はデリケートです。大人用の日焼けどめは刺激が強く、肌荒れしてしまう可能性があるので、必ず赤ちゃん用に作られたものを使用するようにしましょう。また、肌荒れがある場合は、医師に相談してから使うようにしてください。

まとめ

ツルツルしてみずみずしい赤ちゃんの肌を、いつまでも美しく保ってあげるために、小さいうちから紫外線対策をしっかり行いましょう。